スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬の陸 ホタル

IMG_0638c-2.jpg

陸の里山は、家の周辺に何カ所かあるのですが、
その中に3カ所、ホタルの棲む谷があります。

昔は、自然の状態でホタルは見ることができたのですが、
その後の農薬使用などの環境悪化で姿を消してしまった。
そして里山の自然が見直され、地元の方々の努力によってホタルの谷は復活しました。

いま、陸の里山もホタルの季節になりました。
夕方の散歩を終えて、トイレも済ませ、
陸も落ち着いたところで一緒にホタルを見に行くことにしました。

今年は肌寒い夜が続いて、涼しくて過ごしやすいのですが、
ホタルにはまだ気温が低いのでしょうか。
例年のように元気に飛び回るホタルは少なく、
下草の葉っぱや木に止まっておとなしくしているのが多いです。
ホタルの数もまだ少ないように思います。
やはり、蒸し暑いような夜が続かないとホタルも元気が出ないのでしょうね。

撮影に来ていたホタルに詳しいおじちゃんに教えてもらったのですが、
ホタルは、夜の9時、12時、3時頃が活発に活動する時間帯だそうです。


 ↓ コンデジのマニュアルで撮ったデータを3枚合成した写真です。
   一眼レフで撮るような訳にはいきませんが、ホタルの光が何とか写っているのでよしとしましょう。

IMG_0659c-2.jpg
スポンサーサイト

甲斐犬の陸 台風が来るぞ

IMG_0545c-2.jpg

台風4号がもうすぐやって来ますね。
台風4号は移動速度が速く、これからも速度を増していくそうですから、
油断しているとあっという間に豪雨の中に包まれてしまうとのこと。

いまは、四国・室戸岬の沖にあって、北東に向かっているそうです。
陸が住んでいる関東南部には、今夜遅くに最接近するそうです。
台風が西側を通りますので、台風の進行方向の右側は、
風が強く、雨の範囲も広くなりますから注意が必要ですね。

まもなく午後3時になりますが、雨が次第に強くなってきました。
今日は家で仕事をしていましたので、陸の散歩を早めに済ませました。

散歩の場所は陸の公園です。
車ですぐの場所にあり、大きな木がたくさんありますので、木陰はヒンヤリとした涼しい風が流れ、
暑い季節でも比較的快適に歩けます。
でも今日のように台風が来る直前ですと、南からの風が湿気も運んできますので、
湿度の高い森の中が、一層ジメジメしてちょっと不快です。
ジメッとした場所とヒンヤリとした冷気を交互に楽しみながら、
周回路の最短コースを辿って、速攻で陸の散歩を済ませました。

昼すぎに家を出て、時々パラパラっと落ちてくる小雨に笠を差し、
いつもの半分くらいの散歩でしたが、車に戻る頃には強い雨が降り始めました。
陸はもう少し歩きたかったようですが、車の窓にかかる強い雨脚に、
事情が飲み込めたのか、陸はバックシートで丸くなってしまいました。



数日前の写真ですが、
カメの池にニホンイシガメの子どもがチョロチョロしていました。
昨年9月に孵化した子ガメです。
孵化したばかりの子ガメの甲羅の大きさは500円玉をほんの少し大きくしたくらい。
今はもう少し大きくなっています。
子ガメをそのまま冬眠越冬させると、途中で死んでしまう個体が多いので、
秋に収容して,家の中の水槽で冬を越させます。
そして、温かくなってからカメの池に放された子ガメが、写真の左の子ガメです。
右が2年前に生まれたニホンイシガメです。二匹は兄弟になります。

IMG_0573c-2_20120619142428.jpg


そして、こちらが兄弟ガメのお母さんです(2008年9月22日参照)。
名前は、ニホンイシガメの「いし子」。
カメは人間によく慣れますので、足元に寄って来て、こちらを見上げる姿はとってもかわいいです。

いし子のつぶらな瞳とか前脚を踏ん張る様子とかかわいいでしょ!!!

IMG_0587c-2.jpg


ドクダミの茂みに隠れるようにしてこちらを伺っているのが、
クサガメの「なずな」です。
なずなもお母さんで、今年は3匹の子ガメを確認しています。
そのうちの1匹は、隣家のお母さんが玄関先で見つけて、水槽で飼っていてくれました。
大事にしてくれているので、そのまま飼っていただくことをお願いしました。

クサガメは秋に、土の中に数個の卵を産卵します。
子ガメは、秋のうちに孵化し、そのまま土の中で越冬します。
春になり温かくなると、子ガメは土の中から出てきます。
甲羅の大きさはちょうど500円玉くらいです。ちっちゃくてかわいいです。

カメの池のフェンスのどこかに穴があるのだと思います。
昨年辺りから、生まれた子ガメが外で見つかることがたびたびありました。
外に旅立っていった子ガメたちが、元気でたくましく生き延びていることを祈っておりまする。

IMG_0591c-2.jpg


カメの池の横に陸の小屋があります。
ですので、カメたちが他の動物に襲われないように警備するのも陸の重要な役目です。

いし子たちがこうして安心して暮らせるのは陸のおかげでもあります。

IMG_0583c-2.jpg


「陸」
君もとってもかわいいよ!!!

だからいし子たちの警備もしっかり頼むよ!!!!

IMG_0598c-2.jpg


甲斐犬の陸 一緒に散歩その2

IMG_0191c-3.jpg

なのちゃん、かのちゃん、陸の「一緒に散歩」第二弾です。
今回はなのかのさんの職場の近く、「なの子とかの子の公園」です。

公園と言っても広いですよ。
多摩丘陵の自然の地形を上手に生かして、森の中をゆったりと散策できるように遊歩道が造られている。
ところどころに広場があって、緑がきれい。
やわらかな草地で走り回るのにはちょうどいいのだ。

でも残念!!
ノーリード禁止なので、みなさんには三連三つ巴(笑)で楽しんでもらうことにしました。

初めのうちは慣れていないし息が合っていないので大変です。
それぞれが勝手な方向に行こうとするので、黒い塊があっちにヨタヨタこっちにヨロヨロ。
特に身体の小さななのちゃんは、身勝手な陸とかのちゃんに引きずられて気の毒な感じです。

でもでも、お姉さんで賢いなのちゃんは、すぐにコツを習得して旨く立ち回っています。
要は、意地を張らず、無理に力を入れず、流れに身を任せる。

しばらくするとだんだん息が合って来て、黒い塊がスムースに動けるようになってきました。
甲斐犬は順応性が高いです。

IMG_0214c-2.jpg

IMG_0254c-2.jpg   IMG_0256c-2.jpg   IMG_0242c-2.jpg
     なの子                かの子              陸


公園内の里山。
広大な森の中には遊歩道のお散歩コースがいくつもあって、
ちょっとした登山気分を楽しむことができます。
陸たちも満足してくれたようです。

初夏とは言え、木陰は涼しくて、wansとの散歩には最適です。
陸の家からもそう遠くないので、また遊びに行こうと思いました。

IMG_0167c-2.jpg

公園の中で見つけた植物です。
変わった形です。初めて見ました。
まるでカメムシのような甲虫がぶら下がっているのかと思いましたが、
どうやら植物のようです。
名前が分かりません。
教えて分かる人〜ッ!!

IMG_0101c-2.jpg


なのかのさん、なのちゃん、かのちゃん、
陸と遊んでくれてありがとう。

「なの子とかの子の公園」とっても良かったですね。
自然の地形を上手に利用したレイアウトで、
wansと一緒に歩いていても無理がなくて楽しかったです。


IMG_0114c-2.jpg

甲斐犬の陸 初夏その3

IMG_0410c-2.jpg

季節はもう夏なんですね。
陸の里山の緑も、その色の濃さをどんどん増しています。


早朝の肌寒い空気のたまった里山の谷に、角度の増した日射しが入ってくると、
気温と湿度が一気に上がってきます。

米の作られなくなった水田の跡地と冷たい水の流れる用水。
陸が遊ぶには絶好の場所ですが、この時期、
ダニとマムシが心配でリードから放す訳にはいきません。
おまけに、近くの斜面には猪の罠が仕掛けてあると張り紙。

それに、陸を放すとこちらは歩かなくなりますからね、
運動不足を解消するためにも陸と一緒にどん詰まりまで谷をつめます。

ミドリの香りとヒンヤリと涼しい木陰。
陸の里山、家の近くで深山幽谷の気分です。

IMG_0381c-2.jpg

ヤブに隠れて見えませんが、陸の前には小さいけれど冷たくてキレイな水の流れがあります。
何か見つけたんですかね。陸は薮の中に入って行こうとします。
一緒にヤブの中を覗きこみましたが、何がいるんだろう???
こういう所には、マムシがいることもあるので、陸を送り込む訳にはいきません。

陸の横に座り、話しかけ、ほめてあげ、おやつを出して気を散らせます。
何がいたんだろう・・・

IMG_0389c-2.jpg

自宅から車ですぐの所にある陸の里山。
近くには民家もあり、散歩している犬も多いので、
陸を放すわけにはいきませんが、ブラブラ歩き回るにはいい処です。
陸の里山、自然がいっぱいです。

IMG_0399c-2.jpg

この谷には蛍がいます。
もう少しすると、小さな流れに沿って蛍の乱舞が見られます。
真っ暗な谷の中で小さな光が飛びかう様子は、幻想的で何度見てもいいものです。

そして、この谷の下流には街があります。
県道にはたくさんの車が走り、コンビニがあって、
少し大きくなった小川に沿って住宅地が広がっています。

蛍の時期になると、そのコンビニの駐車場や民家の周辺に、
蛍が光を点滅させながらいくつもいくつも飛びかいます。
普通の生活の中に蛍。

まもなく蛍の季節。

IMG_0386c-2.jpg

甲斐犬の陸 初夏その2

と言うわけで、再び陸の体毛がくすんできたので、
ファーミネーターでお手入れをしてみました。

IMG_0465c-2.jpg

ドッカァ〜んと取れました。陸のアンダーコートの山。
かるく1時間ほど、ていねいに丁寧に毛をより分けて、奥の方に隠れた綿毛も櫛取ってみました。
一回一回に面白いように要らなくなった綿毛が取れるので、ついつい面白くなって気が付くと、
こんな毛の山になっていました。

まだまだ半分も終わっていませんが、取りすぎても身体に良くないような気もしますので、
これ位で勘弁してあげることにしました。


陸は、ファーミネーターで梳ってもらうことが好きなタイプで、
いつまでもこちらの足元に寝っ転がって、目を半眼に開けてなすがままにされています。
それでもファーミネーターの刃に引っかかった毛を無理に抜いて痛い思いをさせたりすると、
ムッとした顔をこちらに向けて、そっと立ち上がり、1mほど離れたところに腰を下ろし、
無言の抗議です。

「ああっ、痛かった。ごめんごめん!!」
謝れば陸もちゃんと分かってくれて、また再び元の場所に戻ってくれて、
ファーミネーターの始まりです。


今日は朝から天気が悪いです。
期待していた金星の太陽面の通過も見ることができず、
仕事の息抜きに、陸にファーミネーターでした。


甲斐犬の陸 初夏

IMG_0233c-2.jpg

初夏ですね。
6月になりました。

数日前までは肌寒い日も多かったのに、蒸し暑い季節の始まりですね。
車に乗っていても、窓を全開にしてちょうどいい感じです。
人間にはちょうど良くても、甲斐犬の陸には暑苦しいのでしょうね。
口を開け舌を出し、呼吸を少し荒くして体温調整をしています。
陸と車で外出をしても、陸を車で待たせることが心配です。


陸の体毛の色がくすみ、毛が浮いてきました。
軽くファーミネーターを当ててみると、脱穀機のようなファーミネーターの刃に、
陸のアンダーコートが次から次へと連なってきます。
取れる取れる、どんどん取れる。

3月頃から時々体毛の手入れはしているのに、
夏を前に要らなくなったアンダーコートを一気に吐き出した感じです。
ぎゅっと押し固めると野球のボール一個分の綿毛。
これを集めたら、毎年クッションや枕が作れそうです。

甲斐犬の毛、高級癒やしクッション。高級癒やし枕。

飼い主にしか癒やしにはならんでしょうがね。

IMG_0059c-2.jpg

IMG_0071c-2.jpg

プロフィール
神奈川県に住んでます

takariku

Author:takariku
と相棒 甲斐犬の陸のブログです

mail : takariku@auone.jp は2013年9月で使えなくなりました。


最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。