スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬の陸 陸の花見

IMG_6056b-2.jpg

千代田区北の丸公園、陸の広場(笑)
桜の最盛期がちょっと過ぎていたので静かな木曜日。
温かくていい天気。

IMG_6065b-2.jpg

盛りは過ぎたとはいえ、見事なソメイヨシノです。
お弁当は持って行かなかったけど、
陸とのんびり花見ができました。

IMG_5983b-2.jpg

IMG_6069b-2.jpg

まあね、陸は花より団子ですからね。
ハラハラと舞い落ちる花びらを追って、
陸はみなもを見つめています。

IMG_5975b-2.jpg

水中にはオタマジャクシ。
ウジャウジャといっぱい。
春の気配ですね。

IMG_6014b-2.jpg

風が吹けば北の丸の花吹雪も見事です。
お堀から吹き上げてきた花びらが頭の上で舞っています。

震災のことも放射能のことも、一瞬忘れさせてくれました。
陸も目を輝かせて見上げていました。

IMG_6004b-2.jpg

ソメイヨシノとは違うタイプの桜ですね。
青空にピンクの花がきれいでした。

IMG_6001b-2.jpg

森の中も春の緑です。
陸と一緒に歩いていると気持ちいいです。

北の丸の森は、人工の森ですがよく手入れがされているので、
これはこれで素晴らしいですね。
でも放せないから不満かな陸は。

IMG_6033b-2.jpg

千鳥ヶ淵を北の丸から眺めていたら、黒虎の甲斐犬が散歩していました。

話しかけてみたら、浅草で暮らす、3歳♂のロッキー君 
なんと屋久島で救助犬を育てている木下さんの所から譲り受けたそうです。

小柄ですが、敏捷でかしこそうでした。

IMG_6017b-2.jpg

IMG_6096b-2.jpg

千鳥ヶ淵も歩いてみました。
まだまだ花見の人は多かったです。

陸はですね、「黒い犬、かわい~いっ!!!」と言う黄色い声に反応。

若い女性の一団の中にどんどん入っていきます。
かわいい~っ!!!!!!!
陸はますます反応。からだくねくね!!!
いっぱい撫でてもらいました。

くっそ~っ!!  うらやましいぞ 陸ッ!!!!

IMG_6100b-2.jpg



____________________________________________


地震と放射能の恐怖で自国に逃げ帰った人たちがいましたね。
そのせいか分かりませんが、都内の繁華街や公園の雰囲気が違っていました。



街や公園ですれちがう人々が、
以前にあったような、ギスギスした息苦しいような不快感から解放され、
清清しくさっぱりした表情をされているように感じました。

敗戦からのGHQの情報統制、戦後教育、サヨク日教組、
高度経済成長、バブル、外圧。

ゆがんでしまっていた日本人の心が、
東日本大震災で元に戻った。

いや、ちょっと言い過ぎかな。

失っていたかのように思わされていた日本人の心を、
みんながまだ持っていたことを確認できた。
そのことが嬉しかったのだと思う。

だから皆さんの表情が穏やかで晴れやかだったのだ。




________________________________________


つづきは、最近腹が立ったことです。
真偽の確証はないし、デマの部類もあるかもしれません。
時間がある時に、こんな情報もあるんだ。くらいの軽い気持ちで眺めてください。
   クリック

more...

スポンサーサイト

甲斐犬の陸 桜が咲いた

桜が満開ですね

相模原のソメイヨシノも満開です。
日本がきれいに輝く季節です。


IMG_5783b-2.jpg

我が家の近くでも垂れ桜?でしょうか、きれいに咲いてます。

IMG_5784b-2.jpg

これから夏に向かって、しだいに暑くなってくるので、
今のうちにたくさん歩け歩けです。

IMG_5770b-2.jpg




__________________________________________________



東日本大震災が起こってから1ヶ月が過ぎました。
午後2時46分、
各地で慰霊のための黙祷が捧げられている様子がテレビで報じられています。
今日は、テレビでその様子を観てブログを書き始めました。



東北方面の地震や津波被害の報道も少なくなり、
福島第一原発事故も、詳細な報道がされていないように思います。

事故の情報が少なくなると、
事故を起こした原子炉が小康状態を保ち、
あたかも終息に向かっているように誤解されてしまいそうですが、
実は危険な状態がいまも続いていると言う情報もあります

4月8日。
福島第一原発1号炉の放射線量が跳ね上がって100Sv/hを超えたことがありました。
http://atmc.jp/plant/rad/?

他の場所や炉の放射線量に変化がなかったので、
計測機器の誤動作なのかと思っていました。
東京電力の記者会見も見逃していました。

この辺りに、こちらの注意力の低下と油断がありますね。

翌日になって、twitterや友人の指摘から、
どうも1号炉が再臨界を起こしている可能性があると言うことでした。

京都大学原子炉実験所 小出裕章に聞く」(1時間22分あるよ)
http://www.ustream.tv/recorded/13897618

小出先生は、このビデオの中で、4月8日のデータから、
1号炉では再臨界が始まったのではないかと言っています。
最悪のシナリオはチェルノブイリ。
ただそうならないように現場では最善を尽くしているはず。



核分裂が止まっている原子炉で、冷却水が少なくなり、燃料棒が露出すると、
ウラン燃料が溶け出して、原子炉の圧力容器の底に溜まる。
そして、それがある量(臨界量)に達すると、制御されない状態で核分裂連鎖反応が起きる。
それを再臨界と言うそうです。

1号炉のように穴の開いた原子炉が再臨界を起こすと、高濃度の放射能が漏れ出す。
そのために8日のようなデータになったのではないか。

核分裂連鎖反応を制御できないと、溶けた燃料が圧力容器を溶かし、
格納容器の水に触れ、水蒸気爆発を起こす。
高濃度の放射性物質が飛散しチェルノブイリのようになる。

可能性としてはあるそうだ (汗)

思わず天を見上げてしまいました。

現場では、専門家と作業員が最善を尽くしていると信じ、見守るしかありません。


とか思っていたら、また地震です。
携帯の地震警報がフィンフィン鳴っています。
まもなくして微かな地鳴りと縦揺れ。
陸があわてだしたので、足元に呼び、伏せをさせて首を撫でてあげる。


震災も原発事故もまだ終わってないよ!!



国民を信頼しない政府は国民から信頼されない

IMG_0061b-2.jpg


YOMIURI ONLINE 4月4日 )によると、

日本の気象庁は、放射性物質拡散予測を連日発表していたようですが、
なんと政府の意向で公表されてこなかったようです。

今回の福島原発事故のように、放射性物質の汚染が国を越えて心配されるときに、
国際原子力機関(IAEA)の要請により、各国の気象機関が協力して拡散予測を行うことになっているそうです。

またやってくれました、国民への裏切り、民主党・菅内閣!!!!!
隣の大きな国のご主人様と同じ情報統制!!!!!


ドイツとノルウエーの気象機関が、
日本の気象庁のデータをもとに拡散予測図を発表しています。

これらのシミュレーションの値がどれほどのもので、
健康への影響がどれほどのものかは分かりませんが、
少なくとも、有害なものが多く飛んでくるときには、
外出を控えたり、子どもが外で遊ぶのを控えさせたりはできると思うが。


kiryudo46.jpg
   ドイツの気象機関が発表した4月6日21:00の放射性物質拡散予測図

fukushima-47.jpg
   ノルウエーの気象機関、4月7日18:00の放射性物質拡散予測図

予想図がうまくリンクしないので、こちらもどうぞ


4月4日、5日は、関東南部に放射性物質が飛んでくるかもしれません。
6日、7日には、日本のかなり広い範囲に拡散すると予測されています。

外出時はマスク着用など気を付けてください。
特に、小さな子どもの外遊びなどは控えた方がいいのではと思います。


甲斐犬の陸 春の川

a-3.jpg

地震があって、原発事故があって、それでも4月はやって来ました。

陽光というのでしょうか。
若芽が伸び、鳥がさえずり、太陽の光も明るくなったようです。
そして、伏流水の小川は、今日も透明です。

陸の散歩は、ずっと夜だったけど、
今日は、久しぶりに昼間の河原にやってきました。


陸はのびのびと歩き回って、こちらなんか見ていません。
好きなところに、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
とうとうガケの深い藪の中に入って出てきません。

ガサガサ、音が行ったり来たり。

時々見えるところに出てきて、こちらの様子を窺って、また中へ(笑)

a-2.jpg

遠くに散歩をしている人が見えたので、笛で陸を呼んでみる。
数分してから、荒い息をしながら陸が戻って来ました。

戻って来てからも、しきりにこちらの手をなめておべっかを使う。
たぶん、楽しいことがあって、笛が鳴ってからもズルをして暫くはそこに居たんだと思います。
陸は、分かり易くてヨロシ!!!


______________________________________



 気流の流れ

 ↑ クリック ノルウエー気象協会の気流予想図です。



conccol_I-131_0403.jpg
4月3日午後の予想図です。
千葉、東京、神奈川、静岡、大事を取って山梨の人はマスクをしてください。


conccol_I-131_047.jpg
4月7日朝の予想図。

影響が九州まで及んでますね。
さて、政府はどのように広報するのでしょうか。


本来、このような予想図は、日本気象協会 気象庁が率先して発表すべきこと。
( もし発表されていたら教えてください。mail : takariku@auone.jp )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放射性物質予測、公表自粛を

[ 福島第一原発の事故を受け、日本気象学会が会員の研究者らに、大気中に拡散する放射性物質の影響を予測した研究成果の公表を自粛するよう求める通知を出していたことが分かった。自由な研究活動や、重要な防災情報の発信を妨げる恐れがあり、波紋が広がっている。]

[ 事故発生後、大気中の放射性物質の広がりをコンピューターで解析して予測しようとする動きが会員の間で広まったことを危惧し、文書を出した。]

[ だが、今回の原発事故では、原子力安全委員会によるSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測)の試算の発表は遅すぎた。震災発生から10日以上たった23日に発表したときには、国民に不安が広まっていた。]

[ 文書は3月18日付で、学会ホームページに掲載した。新野宏理事長(東京大教授)名で「学会の関係者が不確実性を伴う情報を提供することは、徒(いたずら)に国の防災対策に関する情報を混乱させる」「防災対策の基本は、信頼できる単一の情報に基づいて行動すること」などと書かれている。]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

情報を一元化することの大切さは認めます。
情報統制も必要な時もあるでしょう。
しかし、それを言う前に、政府、および東京電力のプレゼンテーションの稚拙さに、
政府に対する国民からの信頼度は低下の一途です。

そして、これまで民主党政権がやってきたことの危なさに、
心から信頼を寄せる国民も居ないと思う。

菅内閣の元で働かされる自衛隊などの公務員や、
被災地で辛い思いをされている被災者の方々が気の毒でならない。
政府の情報操作による全国民の安全に危惧する。




ぜひ是非、政府には国民の立場に立った正確な情報を出してもらいたい。
そして、報道機関は、自ら取材、検証し、国民にしっかりと報道してもらいたい。

って、こんなこと言っているとナイーブ過ぎるかな。







プロフィール
神奈川県に住んでます

takariku

Author:takariku
と相棒 甲斐犬の陸のブログです

mail : takariku@auone.jp は2013年9月で使えなくなりました。


最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。