スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸の散歩 河原

IMG_6791a-2.jpg

ここは陸だけの川原です。
本当は立ち入り禁止のエリアなんです。
普段は誰も入ってきません。
入口も狭いし、池やブッシュもあるので入るのに躊躇します。

池の横をぬけブッシュを越えると、大きな石がゴロゴロした河原が広がります。
とても歩きにくいのですが、路無き河原を陸と歩き回るのは楽しいものです。

もっと奥に行くと、伏流水の大きな池が現れます。
浅いけどきれいな水をたたえるその池には、大きなコイがたくさん泳いでいます。
中には赤や白いニシキゴイもいますが、この時は、水が干上がっていて、
コイたちはサギなどに捕食されてしまったようです。

IMG_6799a-2.jpg

奥に見える建築中のものは、圏央道の橋脚です。
いずれは八王子JCから続く高速道路がこの上を渡ることになります。
静かだった陸の河原が変わっていきます。


スポンサーサイト

陸の散歩 清流涼しい

IMG_6972a-2.jpg

暑い暑い8月の週末。
神ノ川の上流に、陸と一緒に涼みに行ってきました。

長い長い林道をクネクネとここまで登ってくると空気も爽やかになります。
湿度が低く、強い日射しにさらされても気持ちがいいです。
日陰はさらに快適です。

流れはひんやりと冷たく清らかで、
たぶん、飲んでもお腹をこわさないと思います。

陸としばらく流れで遊んだあと、
日陰で休憩です。

大きな岩の上に腰掛け、
久保俊治さんの「羆撃ち」を読む。

深山の涼やかな流れの音を聞きながら読むには最適の本です。

IMG_6962a-2.jpg

陸も足元で昼寝をしたり、付近を散歩したりとのんびりやっています。
楽しいのでしょうね、戻ってくる陸の表情がいつも笑顔です。
目がキラキラと輝いています。

IMG_6963a-2.jpg

流れでカラダを冷やしたあとは、お決まりのスリスリ。
全身砂だらけです。

IMG_6973a-2.jpg

車に戻ろうと林道に上がると、崖の上から小枝を踏み折る音が・・・
陸がすぐに反応して、急な斜面を駆け上って行ってしまいました。
森の中から、たぶん、シカの走り去る足音が聞こえます。
・・・・
呼んでも無駄なので、陸が戻ってくるのをひたすら待つことに。

きっちり25分後に上からチリンチリンと鈴の音。
崖の上に陸の黒い小さなカラダが現れました。
下からでも聞こえる荒い息づかいです。

前回ここに来た時に、大きな角のオス鹿を追い出して来たこともあり、
そろそろリードを付けようと思った刹那に行かれてしまいました。
でも、無事に帰ってきてくれてよかったです。

IMG_6958a-2.jpg


ねこたさん、アキママさん
「客人」へのコメントありがとうございます。
こちらからの返信がシステムエラーのため送れないようです。
しばしお待ちください。

客人

IMG_6947a-2.jpg

昨日までお客さんがいました。

陸の大好きなおばちゃんが、家族で3泊4日の旅行に出かけていたので、
ハムスター♀を預かっていたのです。

そのハムスターは、高齢で片目は完全に見えず、
もう片方も白内障のようで、ほとんど目が見えていないようです。

それでも、健気に生活を続けています。
餌を食べ、水を飲み、身繕いをして・・・

IMG_6943a-2.jpg

カゴの中からは、カサカサと小さな音がしています。

陸は、それがとても気になるようです。
部屋にいる時間のほとんどをハムスターのカゴの前で過ごしています。

陸は初めに、危害を加えず見張りをするように念を押されているので、
ハムスターには決して手を出しません。

部屋に誰もいない時でも、カゴの横でハムスターを見つめていたり、
昼寝をしたりしています。
陸は、本当に見張り番をしてくれているようです。

でもね、陸の後ろ姿を見ていると、
口元から時々ヨダレが垂れているようにも見えるのですが・・・

F22

20090823132425

F22を見つけました。
駐機場のちょっと奥の方に2機。
日本本土初だそうです。

IMG_6875a-2.jpg

未来的な美しい機体ですね。
変な格好と云えば変な格好でもありますね。

機体も高価ですが、メンテナンスにも物凄く費用がかかるようです。

IMG_6873a-2.jpg

高い買い物だからと云うわけではなく、最新鋭機だからでしょうね、
この機体のまわりだけ小銃を持ったガードがいました。
でも背中にぶら下げて談笑していたので、
本当のガードは別のところからスコープで見張っているのかも。

IMG_6815a-2.jpg

我が家の次男君。
飛行機を見に行ったのに、興味の先はこちらのようです。
基地の憲兵隊が連れている軍用犬です。

IMG_6812a-2.jpg

ジャーマンシェパードの「アルゴ?」くん、2歳、♂。
でっかくて凶暴そうだけど、ハンドラーに甘える姿や目がかわいくて、
陸の友だちに欲しいところです。

IMG_6900a-3.jpg

次男君、一緒に写真を撮らせてもらって満足。


陸の散歩 テクテクテク

IMG_6705a-2.jpg

10日ぶりに家に戻り、陸と散歩です。
涼しい日だったので、日中に出かけました。

ここは陸が子犬の頃から遊び馴染んだ広場です。
初めてリードフリーで遊ばせたのもこの場所。

国がやっているある学校の校庭です。
もうすぐ閉校になるようですが、
この校庭だけはこのまま残して欲しいものです。

IMG_6704a-2.jpg

やはり日向は暑いです。
陸は、いつもは走り回っているグラウンドから逃げてきて、
涼しい木陰に避難です。

IMG_6694a-2.jpg

さっそく匂いを追いかけています。
木の上を窺ったり、
ブッシュの中を走り回ったり、
穴掘りしたり・・・

IMG_6724a-2.jpg

テクテクテク
陸との散歩は楽しいです。


富山の旅 源治郎尾根・剣岳

IMG_6659a-2.jpg

今日は3人で源治郎尾根に出かけました。
源治郎は、八ッ峰とは長治郎谷をはさんで剣岳本峰に突き上げる岩尾根です。
八ッ峰や剣を眺めるのには絶好の場所です。

IMG_6676a-2.jpg

とは言え、剣岳周辺には難しいルートがたくさんあります。
我々が入山していた間にも、何件かの遭難事故があり、亡くなられた方もいました。
この日も県警のヘリが低く岩稜の間を飛んでいました。

IMG_6677a-2.jpg


偶然にも、Y社の取材がもう一班。

IMG_6654a-2.jpg

特集記事の取材で、自らモデル役で剣にやって来たY社編集部の大畑さん

IMG_6655a-2.jpg

プロガイドの花谷泰広さん

IMG_6668a-2.jpg

同行カメラマンの梶山 正さん
奥さんは、「ベニシアのハーブ便り」で有名な、ベニシア・スタンリー・スミスさん。

IMG_6688a-2.jpg

と、何はともあれ、源治郎尾根からの展望を満喫し、撮影を済ませ、
予想外の展開ながらにぎやかな山行となりました。

剣岳の山頂(2999m)にも昼前には到着。
おじさんは疲れましたです、はい!!

IMG_6690a-2.jpg

富山の旅 八ッ峰・剣岳

IMG_6546a-2.jpg

今回の富山の旅は、八ッ峰を歩くであります。
映画「点と記」で有名になった剣岳。
そこにノコギリの歯のようにのびる岩峰が八ッ峰。

2年越しの旅です。
昨年の夏は、悪天候のため、真砂沢ロッジで本を読んだだけで帰ってきました。

IMG_6588a-2.jpg

今年は奇跡的にも、入山の11日から下山の19日までの間で、13日以外は晴れ続き。
八ッ峰の下半と上半、それに隣にのびる源治郎尾根を
それぞれ1日をかけて歩いてきました。
重たいHDカメラを持っての行動なので時間がかかります。
それぞれの合間には、5・6のコルだけとか、
二股だけとかの軽い行程のスケジュールを入れています。
おじさんは疲れちゃうからね。

IMG_6545a-2.jpg

まずは長治郎谷の雪渓から八ッ峰の取り付き、1・2峰間ルンゼを登ります。
岩場、ガレ場、草つきとコースの状態は変わり、
2峰の手前、小さなコルに登り詰めます。

このコルからが、八ッ峰の岩稜歩きの始まりです。

IMG_6553a-2.jpg

岩峰のそれぞれは、登るのは難しくないのですが、
降りは懸垂下降が安全。

IMG_6605a-2.jpg

今回の8人のメンバーには、ビギナーもいるし、
重たい撮影機材もあるので、
下りの多くは、この懸垂下降で下りました。

IMG_6607a-2.jpg

ドーンと飛んで2日目。
8峰の登り。

IMG_6610a-2.jpg

二人がいるすぐ下の凹角が一般的なルート。
重い機材があるので、
全コースの中で一番難しい印象だったのがこの凹角ルート。
1ヶ所だけホールドの少ないところがあり、
ザイルをフィックスし、プルージックで登る。安心。

IMG_6621a-2.jpg

さっき登った8峰を八ッ峰の頭から眺めてみる。
2日かけて歩いてきた八ッ峰の長い岩稜が見えます。
岩稜の右が長治郎、左が三の窓側になります。

撮影をしていると時間がかかりますね。
初日は、1・2峰間ルンゼから5・6のコルまで。
コルからは、星空の下、真砂沢ロッジまで戻りました。

2日目は、ロッジを出て、5・6のコルから八ッ峰の頭をぬけ、
池ノ谷乗越から長治郎谷右股を下りました。
またもや星空の下山となってしまいました。

IMG_6633a-2.jpg

今回のメンバーです。
前列左から、takariku、音声の塩月君、取材班をサポートしてくれた広川健太郎さん、
八ッ峰を案内する谷口ケイちゃん、力持ちの中島君。

後列左から、ロッジのオーナー佐伯成司さん、お世話になりました。
そして、ケイちゃんと一緒に歩いた山崎さん、ディレクターの熊さん、
Y社の萩原さん。

皆さんお疲れさまでした。

富山の旅 朝

20090812103350
高原の朝は清々しいです。
太陽が出ても暑くないです。

下界の皆は元気かな。陸は散歩が終わったかな。

富山の旅 メンバー

20090811214137
今回の富山の旅はこのメンバー。全部で8人。1人は明日入って来る。

ここ黒四ダムは、お盆休みで、遊びに来た人々であふれています。

富山の旅 黒四ダム

20090811211427
こちらは富山県の黒部湖。ここまで来ると、さすがに空気は爽やかです。
台風9号が通過して、少しは荒れるのかと覚悟はしていたのですが、いい天気です。雲は多いです。
今日から健康的な規則正しい生活が送れます。

陸の散歩 癒やされました

台風9号が迫っていますね。

IMG_6462.jpg

朝の土砂降りがおさまり、薄日が差してきたので、
陸の散歩に出かけました。

IMG_6468a-2.jpg

蒸し暑さに、薄日の日射しが加わり、だんだん暑さできつくなってきます。

用心のために持っていた大きめの傘を差して、
陸のカラダに日が当たらないようにしてみました。
雨の直後なので日陰は風が涼しいです。

並木や家々の日陰を縫って散歩を続行です。

IMG_6480a-2.jpg

いつも思うんですが、陸は意外と几帳面???
道路に白線があるとその上を正確に辿ります。

夜目が利く目は近視が多いそうなので、
白線の上はよく見えて歩きやすいのかな。

IMG_6485.jpg

IMG_6490.jpg

散歩コースのラストは、いつもの公園。
大雨の後で水溜まりができていました。

薄日もすぐに厚い雲に隠され、
昼近い時間なのに、少しは涼しい散歩ができました。

IMG_6486.jpg

公園のチェックを済ませ、滑り台にも登って陸満足です。

IMG_6507.jpg

さらに家に向かう道で、少しカラダの不自由な女性とすれ違いました。

女性が笑顔で陸を見ています。
陸も目が合ったのでしょうか、女性の方にゆっくり遠慮気味に近づいていきます。

女性も手を差しのべてくれます。
陸はその手を舐め、女性の足元に並ぶように身を寄せていきます。
女性はとても喜んでくれました。

陸も好意を持ってくれたことが分かるようで、幸せな表情です。

何だか目頭が熱くなりました。

陸、お前って結構いいヤツだな。

IMG_6505.jpg

明日から富山です。
ペルセウス流星群が見られるといいのですが。


陸の休日 おばちゃん現る

↓の写真。
暑い夏の日、エアコンの利いた部屋で、陸が囲まれています。

IMG_6384a-2.jpg

↑ 手前右が陸の飼い主の我が家の次男。
右奥は小4の姪っ子。
続いて左が、長男。
そして、陸が一番大好きなおばちゃんです。

いつもはおとなしく、ゆったりと床に寝ている陸ですが、
このおばちゃんが来ると、フローリングの床を爪でカチカチと鳴らし、
足踏みをして嬉しくて嬉しくて押さえきれないという風にはしゃぎます。

子犬の頃から、家の中では暴れたり、はしゃいだりすることは厳禁です。
その代わり、外での運動はゲップが出るくらい、いっぱいさせてきました。
部屋の中では大人しく。
それが、陸が部屋の中で暮らせる条件です。

なのに、このおばちゃん(うちわの妹)が来ると、
陸は、タガが外れたように壊れてしまいます。
大きな口を開けて、笑顔でカラダをクネクネ。
足踏みをして爪をカチカチ踏み鳴らします。
ジャンプジャンプ!!!
うれしいうれしい!!! です。

私(うちわ)は4人兄弟の2番目ですが、
末妹のこのおばちゃんは、少し吉本系が入っていて、
大阪のおばちゃん風です。

このおばちゃんがいるところ、いつも笑いの渦です。

陸は、そんな笑いの中にいることが大好きなんですね。
皆が仲良くしていると、陸も同じ顔をしてその中います。

人が言い争いをすると、間に割り込んで止めようとします。

犬は、繊細な感情を持って誠実です。

IMG_6389a-2.jpg


北に向かって

20090802130332
夏の盛岡です。

関東方面は雨のようですが、こちらは晴れてます。爽やかないい風が吹いています。
気持ちいいです。

IMG_3861-2.jpg

冷麺美味しかったでーす!!


プロフィール
神奈川県に住んでます

takariku

Author:takariku
と相棒 甲斐犬の陸のブログです

mail : takariku@auone.jp は2013年9月で使えなくなりました。


最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。